2010年03月19日

指導力「国民に示す」=政権半年を総括−鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は15日夕、政権発足から半年間で内閣支持率が急落したことに関し「意思決定の際の指導性が見えないというおしかりもいただいている」とした上で、「必要に応じて自分なりの決断を示す必要がある。そのことによって指導性を国民に理解していただける可能性がある」と述べ、重要課題での指導力発揮に決意を示した。首相官邸で記者団に語った。
 首相は「あす、しっかりと半年の総括のようなものを行う」と、16日にこれまでの政権運営を総括する場を設け、反省点を洗い出すと説明。「何が足りなかったかしっかり総括して、これからの政権運営につなげていきたい」と強調した。 

割引財源を高速道建設に=財政特措法改正案を閣議決定(時事通信)
<鳩山邦夫氏>自民党に離党届を提出(毎日新聞)
昨年衆院選、名古屋高裁も1票の格差「違憲」(読売新聞)
2審は賠償額を440万円に減額 大相撲八百長訴訟控訴審判決(産経新聞)
プロテカジンに逆流性食道炎の適応追加―大鵬薬品工業(医療介護CBニュース)
posted by フクオカ ユキ at 23:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。